信じる力を支える力に

安心して暮らせる地域づくりを

 CAP(キャップ)は、子どもたちがいじめや虐待、誘拐、性暴力などのあらゆる暴力から、大切な自分のこころとからだを守るために何ができるかを、劇や話し合いを通して伝えていく人権教育プログラムです。

子どもたちは誰もが「安心」「自信」「自由」の権利を持っています。それは食べたり寝たりすることと同じように「生きていくためになくてはならない大切な権利」です。暴力はこの権利を侵し、子どもたちが生まれた時から持っている色々な素晴らしい力や可能性を奪うものです。

 

CAPプログラムは、暴力を許さない社会を作るため、また地域全体で子どもたちを支援していくため、おとなも子どもも「できること」を学び、学校や保育所・幼稚園などと、家庭、地域の三者が協力して、子どもたちの周りの環境を安心できるものにしていくお手伝いをします。